RESTAURANT

アイウエオ
カキクケコ
食は文化の要です。世界各国で腕をふるい、フランス共和国の農事功労賞シュヴァリエを受勲した総料理長の加茂健が、尾道の和食のエッセンスをフランス料理に取り入れ、ここにしかない料理を生み出しています。「こんなにも身近にいいものがある」と瀬戸内の食材に惚れこみ、かつての茶園の心尽くしを新しいおもてなしのスタイルでよみがえらせました。その日、最も心を動かされた食材を使い、オープンキッチンで仕上げる一期一会の料理。さながら茶会の亭主のように、お客様と向き合い、言葉を交わす一座建立のひととき。食材の物語や生産者の方々とのご縁を、料理を通してお客様につないでいくことも、私たちの喜びです。ここから芽を出し、華ひらく、尾道の新しい食文化にご期待ください。
Restaurant ようそろ】
「ようそろ」にこめた想い・・・
海を守り、海運や造船で栄えた尾道の先人に敬意を表して、開放的なガラス張りのレストランを「ようそろ」と名づけました。海の用語で、宜しく候(よろしくそうろう)。「そのままで良い」「Welcome」などの意味で今も使われています。好きなものを好きなだけお召し上がりいただけるオールインクルーシブの宿ですから、「すべてご自由にどうぞ」という想いもこめました。
previous arrow
Restaurant_TOP11
Restaurant_TOP21
Restaurant_TOP31
Restaurant_TOP41
Restaurant_TOP51
Restaurant_TOP61
next arrow

Dinner

previous arrow
Dinner1
Dinner2
Dinner3
Dinner4
Dinner5
Dinner6
Dinner7
DInner8
next arrow
記憶に刻まれる進取の料理
かつて北前船で運ばれてきた日本の一級品をアレンジして、独自の食文化に仕立てた尾道の人々。その進取の気質を受け継いで、選びぬいた素材を生かし、新たな魅力を引き出した料理を心ゆくまでお楽しみください。日本の昆布出汁とフランスのコンソメを組み合わせた、ご挨拶がわりのスープには松葉を添えて。
はるか昔から「神が宿るはじまりの木」と尊ばれてきた松は、レストランから眺める庭園を象徴する樹木です。ひと皿ひと皿に合う日本酒やワインとのペアリングも、料理をいっそう引き立てます。
営業時間ディナー17:30~21:30(L.O. 21:00)最終入店19:30
座席数28席(カウンター:16席4名掛けテーブル:3卓)
※ 未就学のお子様がいらっしゃる場合はテーブル席を優先にご案内いたします
予約前日20:00までの完全予約制
※ご予約時間は(17:30/18:00/18:30/19:00/19:30)のいずれかよりお選びいただきます
※ ご宿泊の予約状況により外来のお客様のご予約も受け付けております
「Restaurant ようそろ」 では、おすすめ コースメニューをベースに、アラカルト メニューよりお好きなお料理をご自由にご追加いただくことができます お好きなものをこころゆくまでご堪能ください。

Breakfast

previous arrow
Restaurant_1
Restaurant_2
Restaurant_3
Restaurant_5
next arrow
体に沁みわたる究極の素食
香り高いひと椀の味噌汁が、体と心を目覚めさせる朝食。出汁に代表される和食の「UMAMI」は世界の共通語です。粒が揃った香りのいい米を選りすぐり、土鍋で炊き上げたごはん。尾道名物の上質な一夜干し。瀬戸内の柑橘や季節の野菜、朝採れの卵など、どれをとっても素材の良さが際立つ、究極の素食をめざしました。どうぞご堪能ください。
西山別館に代々伝わる漆器や陶磁器、ガラスの器も、新たなしつらえでお目見えします。
営業時間 7:00~10:00
最終入店 9:30